生計を主にしている世帯主でなければ、同居している家族に影響はないでしょう。

MENU

ブラックリストに載ったら…

もしも自分がブラックリストに載ってしまったら、もしも家族がブラックリストに載ってしまったら、家族にはなにか迷惑をかけてしまうのか、ご存知ですか?

 

結果を言うと、ブラックリストに載ってしまった人が成人しており、単身で住んでいる独身の方であれば家族に迷惑をかけることはありません。

 

また、家族にブラックリストに載ったしまった事を知られることもありません。
なぜかと言うと、「個人の信用情報」を例え家族であっても、開示される事は無いからです。

 

また、例えば家族がクレジットカードやローンを組もうとするときでも、ブラックリストに載ってしまった事が障害になる事もないでしょう。また、家族と同居していても、生計を主にしている「世帯主」でなければ、同居している家族に影響はないでしょう。

 

しかし、家族と同居している「世帯主」がブラックリストに載ってしまうと話は変わってきます。

世帯主がブラックリストになってしまうと、同居している家族がクレジットカードやローンを組めなくなってしまう恐れがあります。
それ以外に、例えば子供や家族の就職に影響がある、などのことは無いと言えるでしょう。
支払いが滞納す事でブラックリストに載る、という以外にも、借金を「任意整理」する、などといった可能性もあるかと思いますが、家族にかかる迷惑があるとすれば、やはりクレジットカードやローンが組みにくくなってしまう、という可能性があるくらいでしょう。

 

しかし、「自己破産」になってしまうと、自己破産した本人の名義の資産は処分する事が前提となりますので、住宅や車などを処分しなくてはいけなくなります。
その場合、引越しや住宅を新たに探さなくてはならなくなってしまう為、同居している家族に迷惑がかかってしまいます。
ブラックリストは一度載ってしまうと7~10年ほど残ってしまいます。
借金をしてしまった場合には、ブラックリストに載らないよう計画的に返済をする必要があります。