多重債務者が闇金から借り入れると、借金を更に借金して返す”負のスパイラル”に陥ってしまいます。

MENU

闇金は生半可な気持ちで借りると危険

私たちは日々の生活で「お金」を消費しながら生きています。
食べ物や日用品を買うにもお金が必要ですし、外出したり趣味を楽しむ際にも最低限のお金が必要となります。

 

しかし、私たちの収入は限られているわけですから計画的にお金を使っていなければ、給料日を前にしてお金が底を付いてしまいます。

 

ただ、給料日を前にしてどうしてもお金が欲しいという場合は「金融会社でお金を借りる」という方法もあります。
一般的な消費者金融であれば、「年間で18%前後の利息」を上乗せする事によってお金を借り入れる事が出来ます。
この金利であれば大きな金額でなければ返済が滞るという事も無いですし、利息が膨らんで返済不可能な状況へと陥るリスクは限りなく低いと言えます。

 

しかし、こうした消費者金融でお金を借りる場合、社会的な信用が無い人だと借入額が低かったり、極端な場合だと貸付を拒否される事もあります。このような人たちは一般的な消費者金融ではなく、「闇金融」と呼ばれる裏の貸し付け業者を利用してしまう傾向が見受けられます。

 

一般的な消費者金融で借り入れられる額が一杯になったりクレジットカードも使えなくなってしまった場合、とにかくお金が必要な人は闇金へ走ってしまいがちですが、安易な気持ちで闇金に手を出してしまうのは非常に危険です。

 

何故なら今現在、法律では適正な金利の上限を定めていますが、闇金業者というのはそのような法律を一切無視した上でお金の貸付を行っています。

 

そのため、ひとたびお金を借りてしまうと法外な利息が発生してしまい、毎月「利息だけ」を支払うだけで一杯一杯になるリスクが非常に高いのです。

 

たとえば闇金の利息としてポピュラーなのが「十一(トイチ)」と呼ばれる金利です。
これは文字通り「十日に1割の利息」が発生するという意味であり、たとえば100万円を闇金から借り入れた場合の利息は「十日で10万円」となります。
しかし、十日で10万円という法外な利息を支払うのはほぼ不可能とも言えるので、そこからさらに利息を支払う為に闇金からお金を借り入れ、負のスパイラルに陥ってしまう可能性が非常に高いと言えます。