日雇いで働く事が出来る例外に当てはまれば、労働契約が30日以内でも働く事が可能です。

MENU

日雇いでお金を稼ぐ

日々の生活が苦しいから「日雇い」でお金を稼ぎたい、という人も多いかと思います。
しかし、2012年10月に労働者派遣法が改正され、日雇派遣が原則的に「禁止」されています。

 

じゃあ、「日雇い」で働く事は出来ないのかというと、そういうわけでもありません。
日雇派遣の中には「例外」が設けられており、その例外に当てはまる事が出来たいたら日雇いで働く事が可能です。

 

1.労働契約の期間が31日以上ある

例え、勤務時間が月1日であっても、派遣会社との契約が「31日」以上であれば、「日雇い」で働く事が可能です。
日雇いの派遣会社のほとんどは「登録制」となっています。
日雇いで働く事が派遣会社によっては、給料が「即日」入るところもありますし、「週払い」や「月払い」のところもあります。

 

2.日雇いで働く事が出来る人

日雇いで働く事が出来る「例外」に当てはまれば、労働契約が30日以内でも働く事が可能です。

 

例外にあてはまる人は、

  • 「60歳以上の人」
  • 「学生(雇用保険の適用を受けない学生に限る)」
  • 「年収500万以上の家庭の人」

です。

 

また、日雇い禁止の例外の業務もあり

  • ソフトウェアの開発
  • 機械の設計
  • 秘書
  • デモンストレーション
  • 受付や案内
  • 事務用機器操作
  • 通訳
  • 翻訳
  • 速記
  • ファイリング
  • 調査
  • 財務処理
  • 取引文書作成
  • 添乗
  • 研究開発
  • 事業の企画や立案
  • 書籍などの製作や編集」
  • 広告のデザイン
  • OAインストラクション
  • セールスエンジニア
  • 金融商品の営業

は日雇い派遣として働く事が出来る業務も存在しています。

 

このように条件によっては日雇い派遣で働く事が可能になります。
自分で良くわからない場合には、派遣会社にメールや電話などで問い合わせをしてみるのも良いでしょう。