債務整理の自己破産とはどのようなものでしょう

MENU

自己破産

債務整理とは、借金を解決する方法ことで、借金を法的に見直すことでから借金のある生活から再生させることを支援する為の手続きです。

 

債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」などがあり、借金の状況によって、最適な手続きを選ぶ必要があります。

 

その中の一つである自己破産は、多重債務に陥った人を救うために定められている法律で、借金の額が非常に多く、任意整理や民事再生では解決できない場合に行う手続きで、地方裁判所に破産を申し立て、借金を帳消しにする為の方法です。

 

自己破産の場合、生活に必要な最低限のものは保護されますが、家や自動車、高価な宝飾品などの贅沢品は手放すことになります。
けれども、自己破産後に取得した財産は自分のものにすることができますし、年金がもらえなくなったり、海外に出ることができなくなったりすることはありません。

 

自己破産の手続きは、地方裁判所に破産を申し立てた後に、裁判所から破産開始決定が出されますので、財産が無い場合には、破産手続きが完了します。
その後、裁判所での審査があり、破産開始決定認められると、免責許可が出され、借金がなくなります。
不動産などの資産、将来的にもらえることが確定している退職金、保険の解約金などがありながら、自己破産をする場合には、裁判所が管財人を選定し、管財人費用を裁判所に予納してから免責の手続きをします。

 

自己破産をする際に、一番重要なことは、本人が自己破産をしても、保証人の保証債務に対する義務はなくならないということです。
保証人のことをよく考えた上で、自己破産をするかどうか決定しなくてはなりません。
また、過去に免責を受けている場合や、借金が大きく膨らんでしまった理由などよっては免責許可が下りない可能性もあります。