個人信用情報機関に開示請求すれば、自分がブラックリストに載っているかどうかを確認出来ます。

MENU

ブラックリストに載った事を知る方法

お金は私たちの生活に必要不可欠な物ですが、定期的に入ってくる収入以上の出費が出てしまった場合は多くの人が「借金」をしたり「クレジットカード」を利用する事によって不足分を補っています。

 

しかし、あまいにも借金を重ね過ぎてしまったり長くクレジットカードの支払いを滞らせていると、次第に金融機関からの信用を失って「ブラックリスト」に登録されてしまいます。

 

ひとたびブラックリストに登録されてしまうと、ほとんどの金融機関が共有している「個人信用情報」での評価が低くなってしまい、新たな借り入れが困難になったりクレジットカードの使用が止められてしまう事になります。

 

私たちの信用に関する情報というのは基本的に「個人信用情報機関」という専門機関で保管され、これまでの債務記録や借金の滞納履歴などが一定期間は残される事になります。そのため、もしブラックリストに載ってしまった後で新たにクレジットカードの発行や銀行の口座開設を行おうとしても、個人信用情報機関に残された情報の影響でそれらの手続きが出来なくなってしまいます。

 

ちなみに一般では借金の滞納やクレジットカードの未払いによってブラックリストに載ったという言い方をしますが、実際にはブラックリストというものは存在しておらず、個人信用情報機関に「金融事故」として登録されてしまったケースを分かりやすく表現する為に「ブラックリストに載った」という言い方をします。

 

この金融事故に関する履歴が登録されてしまうと、全ての金融機関でその情報が共有されるのでキャッシングやローンを組んだり、クレジットカードの利用が出来なくなってしまいます。

 

ただ、自分がブラックリストに載っているかどうかの通知は原則として行われない為、それを確認したい場合は「個人信用情報の開示」に関する手続きを行う必要があります。

 

ちなみに現在の日本で個人信用情報機関と呼ばれる専門機関は

  • 「CIC」
  • 「日本信用情報機構」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」

の3社のみです。そのため、この3社全てに開示請求をすれば自分がブラックリストに載っているかどうかを容易に確認することが出来ます。

 

様々なブラックリストについて