債務整理とブラックリストはどのような関係があるのか

MENU

債務整理とブラックリストの関係

債務整理をすると、信用情報機関に、債務整理者についての情報が登録、記載されます。
このことをブラックリストに載るというように表現され、登録後の5年間は金融機関からの借入ができなくなります。

 

この信用情報機関とは、株式会社日本信用情報機構や、全国銀行個人信用情報センター金融機関のことで、貸付の審査の際に必要な情報が登録されています。

 

そして、その情報は、各金融機関で情報が共用されています。

 

この情報の内容は、債務整理の関する情報だけではなく、入金予定日から3カ月以上延滞した場合には延滞期間中、延滞解消は、延滞解消日から1年間、自己破産申立、個人再生申立などの債務整理は5~10年間その情報が消えることはありません。

 

自己破産、個人再生をした場合に、株式会社日本信用情報機構には5年間、全国銀行個人信用情報センターには10年間情報が保持されます。
この情報が記載されている限り、新たな借入はできません

 

また、任意整理の場合には、受任通知から和解までの間に情報が登録され、5年を超える期間で分割返済を継続している場合であっても、5年間だけ情報が登録されたままになりますので、支払いが終わっていなくても、登録情報がなくなることがあります。

 

また、任意整理の通知を受けた銀行が保証会社から代位弁済を受けた場合には、事故情報として登録され、5年間情報が保持されます。

 

当サイトではブラックリストになった人の生活もご紹介しているので併せてお読みください。