債務整理の民事再生(個人再生)とはどのようなものでしょう

MENU

民事再生(個人再生)

住宅ローンの残っている自宅を手放さずに借金を減額したい場合、どのような解決方法があるのでしょうか?その方法にはどんな条件があるのでしょうか?

 

債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」などがあり、借金の状況によって、最適な手続きを選ぶ必要があります。

 

その中の一つである民事再生(個人再生)は、地方裁判所に申し立てをして、借金を整理する手続きです。

 

任意整理では、返済できない額の借金がある場合には、個人向けの民事再生手続きをして、借金の返済を解決するのが民事再生(個人再生)です。
個人再生の手続きをする為には、住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円未満であり、将来的に収入が継続してあることが必須条件です。
個人再生の手続きは、会社員などの給与所得者に対して、特例が適用されるので、手続きが簡略にでき、住宅ローンの残っている場合でも、持ち家をそのまま残すことができます。
ただし、住宅ローンそのものは減額されませんので、住宅ローンの返済に無理がある場合には、向いていない手続きということになります。

 

個人再生の手続きをすると、住宅ローン以外の借金総額が1500~3000万円の場合はその5分の1である300万円、3000~5000万円の場合はその1/10である300万~500万円というように、借金総額を基準にして最低弁済額が地方裁判所によって決定され、その額を決定後、3年間で返済することになりますので、借金が大きく減額します。
最低弁済額は、最低弁済額よりも2年分の可処分所得の方が上回る場合には、適応されません。

 

このように、家を手放すことなく借金の返済を減額できるのが民事再生(個人再生)ですが、その手続きには、専門的に知識が必要です。
民事再生を検討している場合には、司法書士に相談してみることをお勧めします。