自分の体を壊さないように、勤務形態を良く考えてから仕事をしましょう。

MENU

夜の仕事でお金を稼ぐ

今の給料だと生活が出来ないから、夜の仕事をすればもっと稼げるのでは?と思ってる方も多いのではないのでしょうか?

 

夜の仕事と言えば

  • スナックやキャバクラなどの「水商売」
  • 深夜バイトの「居酒屋」や「カラオケ屋」や「警備員」

などが思い浮かびますね。

 

 

キャバクラやスナックなどの水商売

簡単に言えば、「来店されたお客様と楽しくお話しながらお酒を飲む」仕事です。
しかし、お店によっては「営業」を行ってお客様をお店に連れてこなくてはならないお店もあります。
また、そういった従業員の「ヘルプ」としてお客様のお相手をするだけでよいお店もあります。
まずはお店が求めているのがどのような従業員かを確認しましょう。
キャバクラやスナックなどは「1日体験入店」をして、お店の雰囲気を知る事が出来るところもあります。
そういった場合でもその日のお給料をいただく事が出来るので、今まで水商売をした事が無い人でも、興味があるのであればそういった「体験入店」をしてみるのも良いでしょう。
色々なお店で体験入店をして、日銭を稼いでみるのもいいかもしれませんね。

 

深夜バイト

今では深夜に営業しているお店がたくさんあります。

  • 居酒屋
  • カラオケ
  • コンビニ
  • レストラン

などさまざまなお店で深夜バイトの求人をしています。

 

24時間営業のお店のイメージ

また、近年では介護現場でも深夜バイトを募っていたりしているなど、さまざまな業種で深夜の仕事を探す事が出来ます。
基本的に深夜にバイトをした場合、昼間のバイトよりは時給が多い事がほとんどです。
アルバイトの求人サイトなどで自分が興味のあるバイトを探してみると良いでしょう。

 

給料が少ないからダブルワークをしたい、と思っても、体を壊してしまえば元も子もありません。
自分の体を壊さないように勤務形態を良く考えてから仕事を行いましょう。