債務整理の任意整理とはどのようなものでしょう

MENU

任意整理

債務整理とは、借金を解決する方法ことで、借金を法的に見直すことでから借金のある生活から再生させることを支援する為の手続きです。

 

債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」などがあり、借金の状況によって、最適な手続きを選ぶ必要があります。

 

その中の一つである任意整理は、任意で借金を整理する手続きです。
裁判所などの公的機関に申し出ず、債権者との直接交渉で、借金に対する利息や支払額の減額についての話し合いをし、借金を無理なく返せるようにしていく方法です。
定収入があり、できる限り借金は返していきたいが、今の返済額では無理があるというような状況には最適な方法です。

 

ただし、話し合いで借金を減額させるためには、法的な条件があります。
金融業者は、グレーゾーン金利という利息をつけて融資をします。
グレーゾーンとは利息制限法で定められている利息の上限と、出資法で定められている利息の上限の間にある利息の数値です。
登録を受けた貸金業者は、一定の要件を満たすことで、グレーゾーン金利の利息をつけることができるからなのです。

 

その為、消費者は知らないうちに、過分な利息を払わされていたことになります。
このような場合には、融資元である債権者との話し合いで、利息を減らし、今までか分に支払っていた分を借金の元金返済に充てることができます。

 

この任意整理をする為に重要なカギとなるのが、融資元である債権者との交渉です。
法律的な知識が必要ですので、素人が個人で交渉しても、良い結果が得られないこともあります。
債務整理をする際、任意整理で手続きする場合に、弁護士に依頼して交渉を行うと、まず弁護士から債権者へ受任通知が出されるので、任意整理の手続きが終了するまでの間、債権者からの取り立てが止められ、債務者は支払いを止めることができます。

 

そして、弁護士が専門的な知識を持って交渉に当たるので、個人で交渉するより、有利な結果が得られます。