外食を減らしたり、コンビニなどでの買い物自体を減らす事も大切です。

MENU

お金を節約する方法

お金が足りない事が多いのであれば、まずはお金を節約してきちんと経済的な余裕を作り出すように努力をする事が大切です。
お金を節約するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

 

お昼ごはんの節約

お昼ごはんを食べないようにしよう、という方法ではありません。
日々のお昼ご飯を「購入」するのではなく、「お弁当」を作って持っていったり、「水筒」を持っていたりしましょう、と言うことです。

 

例えば毎日お弁当を買うとして、大体600円ほどはかかりますよね。
カップラーメンにしても毎日150円はかかります。
飲み物を購入すれば追加で150円以上はかかります。

 

これを20日間毎日繰り返すと、お弁当であれば月に12,000円カップラーメンや飲み物だけでも月に3,000円はかかってきます。
これを毎日自宅でお茶をティーバックから出したものを水筒に入れて持っていったり、日々の夕食の残りをお弁当につめて持っていくだけで浮かせる事が可能になります。
また、外食を減らしたり、コンビニなどでの買い物自体を減らすという事も大事です。

 

毎月の貯蓄額を定める

貯金のイメージ画像

毎月の貯蓄額をあらかじめ設定して置くと、毎月どのくらいの予算内で納めなくてはいけないという金額が見えてくるので貯蓄をしやすくなります。

 

逆に、給料を得たその日に貯蓄用の口座に貯蓄額を移しておいて残りの残高で生活するという手段もあります。
現金が入っているとついその分使ってしまうことも多い人は、この方法をとるとよいでしょう。
貯金をする為にも、貯金用の口座をあらかじめ作っておく事も忘れないようにしましょう。

 

家計簿をつける

家計簿は残高を合わせるためにつけるのではなく、「自分がなににいくら使ったか」を確認する為につけるようにしましょう。
自分の出費を確認する事が出来れば、無駄な出費を確認する事が出来るので、無駄遣いを減らす事ができます。