ブラックリストで損をすることはどんな事でしょう

MENU

ブラックリストに載って損をすること

信用情報機関に債務者の事故情報が登録され、ブラックリストに載った状態になると、どのようなことがおこるのでしょうか?

>>債務整理とブラックリストの関係はこちら

 

まず、金融機関からの借り入れができなくなります
適用される期間は、事故情報や信用情報機関の種類により異なりますが、最低5年間は金融機関からの借入れができなくなります。

 

これには、現金での融資を受けることができなくなるというだけではなく、クレジットカードなどのカードを使用して買い物をすることも含まれます
ショッピングローン、自動車ローン、住宅ローン、キャッシングローン、クレジットカードなどは全て使うことができません。

 

従って、家や自動車などを買うことはできません

 

また、ブラックリストに載った理由が自己破産であった場合には、弁護士資格,税理士資格が剥奪されます。

 

自己破産の手続の期間には、宅地建物取引主任者,生命保険募集人,旅行業務取扱管理者,警備員等などの特定の資格を必要とする職業についていた場合には、制限を受ける場合があります

 

自己破産の手続期間中は、海外渡航が制限されることもあります。
ブラックリストに載っただけで競売にかけられることはありませんが、任意整理をすることで、住宅ローンの残っている自宅が競売にかけられる場合もあります